セルに入力した電話番号の先頭の0を消さずに表示する方法

スプレッドシートで顧客管理のシートを作成している方も多いと思います。

氏名、性別、年齢、住所。
顧客情報として様々な情報を入力するかと思いますが、多くの人が悩むのが電話番号の入力。

「本当は『090XXXXYYYY』と入力したいのに、そのままセルに打ち込むと『90XXXXYYYY』と先頭の0が消えてしまう。」

誰しも一度は経験したことがあるはずです。

今回は、スプレッドシートにおいて電話番号などを入力する際に、先頭の0を消さずに表示させる方法を解説します。

こんな人におすすめ!
  • 電話番号の先頭の0が消えてしまうのを、表示したい。

電話番号の先頭の0を表示する方法の解説

先頭の0を表示させる方法は、全部で3つあります。

それぞれご紹介します。

10の手前にシングルクォーテーション「’」を追加する方法

数字の手前にシングルクォーテーション「’」を追加すると、先頭の0を消さずに表示することができます。

‘09012345678

2数字をダブルクオーテーション「”」で囲い、文字列として扱う方法

文字列として扱う方法です。

=“09012345678”

3「書式なしテキスト」を設定する方法

電話番号を入力したときに、なぜ先頭の0が消えてしまうのかというと、数字を入力した際にスプレッドシートが自動で【数字用の書式】を適用してしまうからなんです。

ということは、書式の自動適用をOFFにしてしまえば、0はそのまま表示されます。

まずは、電話番号を入力したいセルを選択し、書式を設定する「123」アイコンをクリックします。
上から2番目に「書式なしテキスト」という項目があるので、選択してください。

「書式なしテキスト」に設定している状態で、電話番号を入力すると、先頭の0からちゃんと表示がされます。
数式バーを見ると、特に関数を組むことなく、電話番号が表示されていることがわかります。

おすすめの記事