日付を短縮形の曜日や英語表記の曜日に変換する方法(TEXT関数)

スプレッドシートでは、縦や横に日付が並んだスケジュール表や売上報告書を作ることも多いでしょう。

ただ日付を並べるだけでもスケジュール表として機能はするのですが、できれば営業日だけ把握したい。

そんなとき必要になってくるのが、スケジュール表での曜日の表示です。

今回はスプレッドシートで日付から曜日を自動表示させる方法について解説していきます。

こんな人におすすめ!
  • 曜日を入力するときに、毎回「月」「火」「水」と手打ちするのが面倒。
  • ちょっとおしゃれに英語表記の曜日を自動表示したい。
  • 日付を入力したら、自動で「2019/01/01(火)」と曜日まで表示してほしい。

今日の公式

=TEXT(日付, 表示形式)
項目説明
日付変換する日付、または日付が含まれるセルを指定します。
表示形式変換する日付の表示形式を、二重引用符で囲って指定します。

曜日の表示形式は、以下の2種類の指定方法があります。

表示形式表示例
dddd月曜日、火曜日、水曜日、木曜日、金曜日、土曜日、日曜日
ddd月、火、水、木、金、土、日

日付から曜日を自動で表示する方法の解説

下の図のように縦に日付が並んだ表をつかって、曜日を表示させる方法を実践してみましょう。

1TEXT関数で変換したい日付を指定する

まず、変換したい日付を含むセルを指定します。

=TEXT(B5, 表示形式)

2変換先の表示形式を指定する

    次に、変換先の表示形式を指定します。
    今回は「月、火、水、木、金、土、日」と1文字の曜日表示にしたいため、「ddd」と記述します。

    また、表示形式を指定するときは、必ずダブルクォーテーション「””」で囲んでください。

    =TEXT(B5, “ddd”)

    残りのセルにも、同様にTEXT関数を反映すれば、完成です。

    英語表記の曜日を表示したい場合は?

    さて、ちょっとおしゃれに英語で曜日を表示したい場合はどうしたらいいでしょうか?

    1スプレッドシートの「言語と地域」を変更する

      英語表記の曜日に変換するには、特別な関数は必要ありません。

      「ファイル」>「Google スプレッドシートの設定」に進み、「言語と地域」を「アメリカ合衆国」に変更するだけです。
      ※「言語と地域」を変更しても、英語表記にならない場合は、もう一度関数を組み直してみてください。

      なお、この設定は編集中のスプレッドシートのみ適応されるので、メニューやタブの表記、ほかのスプレッドシートに影響しませんのでご安心を。

      ちなみに、英語表記に設定した場合の表示形式は以下のようになります。

      表示形式表示例
      ddddMonday, Tuesday, Wednesday, Thursday, Friday, Saturday, Sunday
      dddMon, Tue, Wed, Thu, Fri, Sat, Sun

      一つのセル内で日付と曜日を表示したい場合は?

      ここまでは「日付は日付のセル、曜日は曜日のセル」と、それぞれ別々のセルに表示させる方法を説明してきました。

      ですが、場合によっては

      • 2019/01/01(火)
      • 01/01(火)

      という表示をしたいケースもあるでしょう。

      このような日付と曜日がひとつづきの表示形式にする方法を紹介します。

      1「表示形式の詳細設定」を設定変更する

        「123」というアイコンから「表示形式の詳細設定」>「その他の日付や時刻の形式」に進んでください。

        いくつか表示形式が事前に用意されています。
        ここでは日付と曜日がセットになった「8/5(火)」を選択します。

        おすすめの記事