セル内に簡易的な棒グラフ(データバー)を作成する方法(SPARKLINE関数)

スプレッドシートで日々の売上など、表を作ることは多いかと思います。

ただ数字を羅列するのではなく、下の図のようなグラフ(データバー)もセットで表示することで、一歩進んだ表を作ってみませんか?

今回は、スプレッドシートで簡易的な棒グラフを作成する方法を解説していきます。

こんな人におすすめ!
  • 売上報告書にデータバーをつけて、直感的に数字の大小を比較したい。
  • ちょっとひと手間で仕事がデキる人の表を作りたい。
  • 表のなかにグラフを埋め込みたい。

今日の公式

=SPARKLINE(データ, [オプション])
項目説明
データグラフ作成の対象データを含むセル、もしくは範囲を指定します。
オプショングラフの種類、色、最大値などを設定します。

オプションは少々癖のある項目ですので、慣れるまでは苦戦するかもしれません。

今回は、データバーに関係する主要なオプションのみ解説していきます。

SPARKLINE関数の解説

1棒グラフ(データバー)の元となるデータを指定する

まずは、グラフ化したいデータを指定します。

今回は、隣の売上データを1つ指定します。

=SPARKLINE(C5, [オプション])

2オプションでグラフの種類「charttype」を指定する

    次にオプションを記述していきます。

    まずは、グラフの種類の指定です。
    横向きの棒グラフの場合は、「”charttype”,”bar”」と記述します。

    =SPARKLINE(C5, {“charttype”, “bar”})


    ちなみにそのほか以下のようなcharttypeを指定できます。

    charttype説明
    line折れ線グラフです。
    複数データを範囲指定するのが基本です。
    bar積み重ね棒グラフです。
    複数データを範囲指定すると、横向きの積み重ね棒グラフができます。
    column縦棒グラフです。
    複数データを範囲指定すると、同一セル内に複数の縦棒グラフができます。
    winloss正の場合は上向き、負の場合は下向きの棒グラフを生成します。
    あくまで正と負の比較なので、値の大小の比較はできません。

    3横幅の最大値「max」を指定する

    大小の比較ができないといけないので、グラフの横幅の最大値を設定します。

    最大値は「max」を使います。
    ここでは、横幅の最大を10万としてみましょう。

    ※オプションとオプションの間には「;」を入れます。

    =SPARKLINE(C5, {“charttype”, “bar”; “max”, 100000})

    ちなみに次のようにMAX関数と組み合わせることで、固定値ではなく、リストアップしたデータの最大値をグラフの横幅に指定することもできます。

    =SPARKLINE(C5, {“charttype”, “bar”; “max”, MAX(C$5:C$35)})
    ポイント!
    • MAX関数と組み合わせると、データの最大値をグラフの最大横幅とするグラフが作成できる。

    4色を変更したい場合は「color1」を指定する

    デフォルトではグラフの色はオレンジです。

    グラフの色を変更したい場合は、「color1」のオプションを指定します。
    色は「blue」「red」といった指定の仕方もできますし、「111111」「6f5de5」といった6桁のカラーコードで指定することもできます。

    ※ちなみに「color2」は複数データを範囲指定して、積み上げグラフを作るときに使用する色ですので、今回は指定しません。

    =SPARKLINE(C5, {“charttype”, “bar”; “max”, 100000; “color1”, “6f5de5”})

    残りのセルにも関数をコピペして、表を完成させましょう。

    おすすめの記事