時給×時間の給与計算と交通費計算までできる勤怠集計表を作ってみた

今回は実践編です。

  • 勤務時間×時給=給与
  • 出勤日数×往復の交通費=月間の交通費

を自動計算できる勤怠集計表をスプレッドシートで作ってみました。

アルバイトの勤怠や給与計算をスプレッドシートで管理している方は、ぜひ参考にしてみてください。

こんな人におすすめ!
  • スプレッドシートで勤怠を集計する表をつくりたい。
  • 勤務時間に時給をかけて、給与を計算したい。
  • 出勤日数に往復の交通費をかけて、立替交通費を計算したい。

日々の勤怠を記録する表をつくる

まずは日々の勤務時間を記録する表を作成します。

1開始時刻・終了時刻・休憩時間を入力する欄をつくる

  • 開始時刻
  • 終了時刻
  • 休憩時間

を入力する欄を作りましょう。
必要に応じて、「作業内容」「上長承認欄」などを追加してもいいですね。

ちなみに冒頭のGIFアニメでお見せしているような

  • プルダウンから月を選択して、月初から月末までの日付を自動表示させる方法
  • 土日・祝日だけ自動で背景色をつける方法

については、こちらの記事もご覧ください。

2一日の勤務時間を計算する

一日の勤務時間は以下の式で計算ができます。

=[終了時刻][開始時刻][休憩時間]

IF関数をつかって、勤務した日だけ勤務時間を表示することもできます。

=IF([終了時刻][開始時刻][休憩時間]=0, “”, [終了時刻][開始時刻][休憩時間])

給与・交通費を自動計算する表をつくる

日々の勤務時間を入力する表が完成したら、次はその情報をもとに給与を計算していきましょう。

1月間の勤務時間を計算する

日々の勤務時間を合計して、月間の勤務時間を計算しましょう。
勤務時間の合計には、SUM関数を使います。

=SUM([月初の勤務時間]:[月末の勤務時間])

ここで実際に勤務時間を入力してみて、正確に計算されるか確認してみましょう。

8時間の勤務を4日したのに、「32時間」ではなく「8時間」と表示されるのであれば、表示形式が誤った設定になっています。
原因は表示形式が「時間」ではなく、「時刻」になっているから。
「表示形式の詳細設定」から「経過時間」を選択することで解決することができます。

ポイント!
  • 「経過時間」にすると、24時間を超えた時間の表示ができる。

2給与は「勤務時間」×「時給」×24で計算する

月間の勤務時間の合計が計算できたら、時給単価と掛け算して給与を計算します。

計算式で日時を扱うとき、スプレッドシートは「1日=1」として計算します。
つまり、24時間働いたとしても、「1×時給」という計算になり、1時間分の給与しか支払われません。

正確な給与を計算するには、勤務時間と時給を掛けたあとに、さらに24倍してあげる必要があります。

=[勤務時間] * [時給単価] * 24

3COUNT関数で出勤日数をカウントする

    続いて、交通費の計算をしていきましょう。
    勤務時間の列に値が表示されているセル(=つまり勤務が発生した日)をCOUNT関数をつかって数えれば、出勤日数のカウントができます。

    =COUNT([月初の勤務時間]:[月末の勤務時間])

    4立替交通費は「出勤日数」×「往復の交通費」で計算する

    出勤日数がわかったら、あとは往復の交通費と掛け算するだけですね。

    =[出勤日数] * [往復の交通費]

     

    おすすめの記事